セラセゾン

セラセゾン

セラセゾンはオーベルジュやトライフルが人気の相模原のケーキ店です。
セラセゾンとはどうなのか、どんな風なのか、どんな感じなのかを紹介しています。

セラセゾンとは

セラセゾンはケーキ好きの間でよく知られているケーキ店です。

神奈川県相模原市にあるケーキ店「セラセゾン」。

相模原市の税務署のすぐ近くにあるこの店舗、地元の人の間ではよく知られて店として高い人気を誇っています。

最近ではネット上の口コミ情報によって全国のケーキ好きの間でも人気を着実に高めている状況です。

「セラセゾン」とは「今が旬」という意味の言葉です。

その名の通り旬のフルーツをたっぷりと使ったケーキを多数用意しています。

ケーキを作るシェフは清水康生氏。

これまで数多くのケーキ店のシェフパティシエを勤めたのち、2000年に独立しました。

現在の店舗には2006年9月に移転しています。

「ぱくぱく食べられるケーキを作る」というのがシェフのモットーだそうで、しつこくない味わいが魅力になっています。

セラセゾンのメニュー

メニューは多岐に渡っています。

キャラメルとヴァニラのババロワ「キャラメルヴァニラ」、イタリアのズッパイングレーセをアレンジし、清美オレンジのシロップをしみこませた「清美オレンジのズッパイングレーセ」、イチゴのスープの上にサバイヨンソースを乗せた「イチゴのスープ・サバイヨンソース」、ショコラのたるとに地元相模原産焼栗を使用した「栗とタルト・ショコラ」、提携農家から直送されたはっさくを使用した「はっさくのタルト」、アーモンドタルトの上にカスタードをイチゴをたっぷりと使用した「イチゴのタルト」などがあります。

これらの製品はみな300円〜400円台とお求め安い価格で購入することができます。

セラセゾンの魅力はやはりフルーツです。

甘さは抑え目。

美味しさと同時に食べやすさも重視しており、モットー通り「ぱくぱく食べられる」ケーキとなっています。

とくにタルトが人気です。

最近では口コミ情報だけではなく、雑誌や書籍など、さまざまなメディアでも紹介される機会が増えており、ケーキの名店としての評価を確立しつつあります。

セラセゾンはテイクアウトが基本。

ただそれ以外にもアイスクリームショップやイートインスペースがあり、その場で魅力を堪能することができます。

営業時間は午前10時〜午後7時半。

定休日は毎週月曜日と月に2階、不定期の休日があります。

人気の定番メニューのみならず、季節によって旬の素材を用いたケーキが多数登場するのもセラセゾンの魅力。

ケーキ好きなら一度は堪能してみたい製品です。

じっさい口コミ評価でもその素晴らしさを評価する声をよく見かけます。

相模原を訪れた際には来店してみてはいかがでしょうか。